子育てに正解ってあるの?

子育てに正解はないという言葉を時々聞きますが、本当に正解はないのでしょうか?
逆に不正解はあるのでしょうか?

子育てに正解不正解は本当にない?

人は様々な特性や特徴、性質を持っています。
子どもとてそれは同じ。

ですから子どもによって接し方を変えるというのはアリだと思います。

しかし、基本、原則はあると思います。

その基本原則とは何でしょうか?

私はこれが正解と言えるような基本的な接し方はあるのではないかと思っています。

子育ての正解不正解は子どもが判断する

私が考えていることなので、これはひとつの見方だと思ってこういう考え方もあると思って読んでください。
理論として確立されていることではないので。

私は子どもが親の自分への接し方をどう受け取るか、これがポイントだと思うのです。

親の行動=叱り方やしつけ方、そして普段の親の子どもに対する態度や接し方を子どもがどう思うかということです。

つまり、親がどんな接し方をするか?が問題ではなく、どんな接し方をしたとしても子どもが親を心から信頼できて、親の愛情を確信できる接し方、これが正解だと私は思うのです。

厳しくても楽しくても優しくても。どんな親でもいいんです。子どもが親を信頼できれば。

子どもの視点で、子供自身が親をどう思うか?が大切だと思うのです。

どうして子ども自身が親をどう思うかが大切なの?

親を信じることができれば、子どもは自分自身を信じることができます。

その基本的信頼感をいつも持ち歩き、家族以外の他人にも同じように信頼感を寄せることができます。

信頼感を持ち歩くけれど、親よりもそりゃ、他人に対しては信じる許容度?は減りますよね。

ですから親を90%近く信じることが出来れば、お友達や担任の先生のことを80%信じられる。
ご近所の方を70%信じられる、そんな感じです。

この信頼感を育むために、親は育児しているのです。

そして、親への信頼感を子どもが得るためには、子どもが親をどう思っているか、それが大切なのです。

ポイントは、親がどう接するか、ではなく、子どもが親の接し方をどう思うかというところです。

ここが大切なのです。

子育ての正解とは結局?

子どもの立場で考えたときに、子どもが親を「信じられる」よりもっと強く、親の愛を「確信できる」、そういう接し方が正解だと思うのです。

多分、子育てに正解はないと仰る方の言いたいことはこういうことだと思います。

要するに、親の態度や行動はどんなものでもよい、しかし、それは子どもが親にゆるぎない信頼を持てる、そういう接し方なら何でもよい、そういうことだと思います。

私はそう思っています。

ただ、子どもは子どもですから、大人のように人の気持ちや感情を推し量ることはできません。

相手の立場になって考えることもできません。

親が厳しい態度で子育てに臨んでいると、子どもに誤解されてしまう危険性があります。

ですから、何か子どもに伝えなければならないことがある場合は、穏やかに優しく言い聞かせることが良いと私は思っています。

あわせて読みたい
怖い顔でしつけをしないと困った子になりますか? 1歳~3.4歳くらいのまだ年少さんにもならないくらいの小さいお子さんに一生懸命しつけを...

※新しいウインドウが開きます

私の育児の考えの基本になるのが「子どもへのまなざし」の著者、佐々木正美先生の考え方です。

子どもへのまなざし

佐々木先生はもうお亡くなりになってしまいましたが、臨床の現場でずっと子供たちに接してきた児童精神科のお医者様でした。

私は先生の講演には何回も出かけてその優しい語り口のお話を聴きました。

穏やかな暖かい話しをしてくださる先生で、お話を聞いて帰るときには早く子供たちに会いたくてたまらなくなるほど子供たちが愛おしくなりました。

この本は佐々木先生の優しい語り口がそのまま書かれていて、話し言葉なのですっと心に入ってきます。

子育てには母性と父性が必要だが、まずは「絶対的な愛情」(母性)が働いていないと「しつけ」(父性)がうまくいかない、など子育ての仕組みからわかりやすく佐々木先生が語ってくれています。

子どもの望む親の接し方がを知るために、この本をお読みになることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com