2020年教育改革必修のプログラミング。子どもを教室に通わせるべき?

小学校で必修となるプログラミングでは何をするの?

小学校でプログラミング言語はやらない

2020年の教育改革でプログラミングが必修になったのはみなさんよくご存じだと思います。

でもこれ、勘違いしてる方が多いようですが、プログラミングという教科ができるのではありませんし、小学校でプログラミング言語を学ぶことでもありません。

小学校で行われるプログラミングって何をするのかというと、小学校ではプログラミング的思考を学ぶことに重点を置いています。

ざっくり言うと、目的をやり遂げるためには、段取りよく物事を進めるためのプロセスがあること、を学ぶということです。

小学校でプログラミングが必修になるからプログラミング教室に通わせないとダメかな?とか自宅でプログラミングを学ばせないといけないのかな?など考えていたママたちも多いかと思います。

でも、それは勘違い。

文部科学省のサイトに記載されている「プログラミング教育の手引き」にはプログラミング教育のねらいについて以下のように書かれています。

参考 有識者会議「議論の取りまとめ」(抜粋)
(小)身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には
必要な手順があることに気付くこと。
(中)社会におけるコンピュータの役割や影響を理解するとともに、簡単な
プログラムを作成できるようにすること。
(高)コンピュータの働きを科学的に理解すると

つまり小学校では、身の回りでコンピューターが活用されていることを知ることと、問題を解決するために必要な手順があることを学ぶということですね。

小学校ではプログラミング的思考(論理的思考)を学ぶ

プログラミング的思考という言葉を初めて聞いた方も多いと思います。

私も実は知りませんでした。

文部科学省ではプログラミング的思考を以下のように説明しています。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

つまりプログラミング的思考というのは、目的を持って何かをしようとしたときに、その手段や条件の組み合わせを様々まんべんなく調べたり考えたり探したりして、目的にふさわしい道筋を組み立てる能力のことです。

例えばお料理をするときに、材料や道具をそろえて手順もととのえて作業する、なんていうののもプログラミング的思考で、実はママたちも普段から行っていることなんですよね。

普段の生活でも必要になるこの考え方は論理的思考と言われるものです。

今までは学校では教えていなかったものですが、この考え方を学ぶのがプログラミング学習です。

つまり論理的に考える力をを学校で学ぶ方法のひとつがプログラミング学習ということです。

だからプログラミング教室に通って、プログラミング言語を覚えてアプリやゲームが作れるようにならないといけないのかなと思っていたママは安心してください。

プログラミングの授業はどんな風に行われるの?

小学校で行われるプログラミング教育はすでに今ある教科で行われます。

例えば小学5年生の算数で「プログラミングを通して、正多角形の意味を基に正多角形をかく」というものが例として挙げられています。⇓⇓

小学校を中心としたプログラミング教育ポータル

ここで示されている例ではScratch/スクラッチ(yahooキッズ [Scratchをはじめよう1])というプログラミングツールを使っています。

スクラッチは世界中の子どもが使っているツールで、簡単な入力とマウス操作でブロックをつなぎ合わせながらプログラムを組み立てるのが特徴です。

今までの教育の仕方だとコンピューターで正三角形を描く場合に、先生が「このように書くと正三角形が書けます」と教えて、子どもたちがそれをマネするというやり方をしていました。

ところが、2020年以降は子どもが自ら「どのようなプログラムを組み立てたら正三角形がかけるかを考える」という教育になります。

2020年教育改革でわが子の勉強はどう変わるのか?

今までの教育は、知識の詰め込み教育と言われてきました。

物事をより多くたくさん覚えていれば評価されていました。

ところが、社会が必要とする能力は時代とともに変化していきます。

これからの子どもたちは将来いろいろな職業が機械化されるため、まだ存在しない職業につく可能性が高いと言われています。

そこで、知識や技能を習得することだけでなく、自分で考え・表現し、判断することが求めらるようになったのです。

そのため2020年教育改革の新学習指導要領では、今までの知識・技能にさらに2つの要素が加わります。

1. 思考力・判断力・表現力

2. 主体性・多様性・協同性

これからの学習は今までのような先生からの一方通行の授業ではなく、子どもたちが自ら考え、仲間と話し合いながら答えを出していくように変わります。

家庭で行う子どものプログラミング教育

スクラッチやHour of Codeなどのオンラインツールでまずは遊んでみる

ここまでお読みいただいた方は小学校で必修化されるプログラミングは、プログラミング言語を学ぶものではないことをお分かりいただけたかと思います。

なので、プログラミング教室に通うべきかそうでないかと言ったら、小学校の授業のことを考えたら別に通う必要はないという結論になります。

小学校では将来プログラマーになるための教育をするのではなく、論理的な考え方を養うための一つの方法としてプログラミング的思考を学ぶからです。

ただし、高学年になるとこの記事の上部で紹介したように、スクラッチなどのツールを使ったコンピュータプログラミングを取り入れた授業を受けることになる可能性はあります。

ただ、いきなりプログラミング教室に通わせるのも、月謝が高いし、と考えてしまいますよね。

まずは、ヤフーキッズのプログラミング入門などのオンラインのツール(スクラッチやHour of Code)でゲーム感覚で遊んでみて、子どもが楽しい、もっと本格的にやってみたいと言ったらプログラミング教室に通わせるのがいいのかなと思います。

論理的に考える力を育むおススメの教材や本

2020年教育改革では、総合だけでなくすべての教科で論理的に考える力を育むためのプログラミング的思考を取り入れた授業がされることになります。

算数や国語や総合だけでなく、体育や音楽でもプログラミング的思考を取り入れた授業がされる予定です。

そのためにはまず基本となる論理的に考える力をつけることが大切になります。

小学館の「まなびwith」では「思考の達人ツール」を使ってトレーニングを積むことで、自分の考えを整理し、読み手へのわかりやすさにも気をつけながら考えたことを書く習慣づけをします。

「まなびwith」の思考力を育む「思考の達人」と英語教材「ABC英語」

思考の達人ツールとは?

思考の達人ツールとは?

自分の考えを深めるために使う図のことです。この図に言葉を書き込み、自分の考えを「見える化」することで「考えを整理し、深める」、さらにそれを表現する練習を行います。

どんなツールがあるの?

小学2年生「比較の基本を学ぶ「ベン図」や、ものごとを複数の視点からみる「くま手図」、分類する「XYチャート」などのツールを習得します。 」

小学5年生「理由付けする「バタフライチャート」や構造化する「ピラミッドチャート」などのツールを習得し、考えるためのワザを身につけていきます。 」

ツールでどんなことを学ぶ?

「自由に考えていいよ」と言うだけでは、子どもは何をどう考えていいかわかりません。

思考の達人ツールを使って、ツールを使って、低学年では答えがひとつではないテーマについて考え、どういう手順で考えたら、思考を整理できるのか、

また、高学年では答えがひとつではないテーマについて考えることに慣れていきます。 「まなびwithサイトより」

「まなびwith」ではこのように思考の達人ツールを使って、自分の考えを整理し読み手へのわかりやすさにも気をつけて書く習慣づけのトレーニングを積みます。

その結果、高学年になると試行錯誤しながら、自分なりのものの見方や切り口を見つけ、他人と違う答えを恐れず、自分で判断した自分の意見を持てるようになります。

英語教材「ABC英語」とは?

低学年では歌、物語、アクティビティを通し、初期英語学習に必要な英語音声にふれていきます。

歌と映像で「英語の音」を育てる
[Oracy] 話す・聞く能力
「歌」もしくは「物語」がメインのテキストです。「歌」では、1曲マスターを目指し、英語を聞いたり、発話したりしていきます。「物語」では、生きた英語のフレーズを聞き、言えるよう学習していきます。

高学年では「聞く、話す」「読む、書く」をバランスよく習得。確かな英語力を実感でき、「自信」がつきます。

RPG風のスゴロク型アドベンチャーゲームの世界で、お子さんは、新しい英語の知識を身につけ、たくさんの英語を聞いたり発音したりすることで、次々とミッションをクリアしていきます。英語学習に夢中になることができます。

「まなびwithサイトより」

まなびwithには、思考力だけでなく英語教材も工夫がいっぱいです。

これからの子どもたちは読み書きだけでなく、話す聴くが必須となります。

まなびwithには、その力を小学生のうちから育む用意がきちんとされています。

国語・算数など、それぞれの教科で思考力を伸ばす問題が組み込まれていて、楽しく自然に身に着くように設計されています。

まなびwith小学生の特徴

教え方が変われば学び方も変わります。

小学生のまなびwithの特徴は3つあります。

1. かんがえる力

今までのように用意された選択肢の中から選ぶのではなく、「なぜ?」「どうしらた?」など、トライ&エラーを繰り返しながら自分自身で深く考える力

2. ひらめく力

どうしたら問題を解決できるのかを自分自身で思いつき工夫する経験を重ねることで身に着く力

3. つたえる力

自分の考えを整理して相手にわかるように表現して伝える力で、今後は特に必要とされる力

これらの3つの力を伸ばす問題がそれぞれの教科に組み込まれていて、問題を解きながら1.2.3それぞれの力が自然と楽しく身に着くように設計されています。

まなびwith 他社との違いは?

— 小学生—

低学年のうちから論理的思考力を育むパズルのような問題で子どもたちが楽しく飽きずに学べるナゾトキ学習や、

基本的な国語・算数の学習に加えて「作文」「読解」「文章題の図化」「図形」の力を育てる特色あるオリジナル教材で基礎学力を身に着けられるのもまなびwithの特長です。

教科書準拠でないので、子どものペースで学習できることが、子ども本来の力を伸ばす事に役立つと思います。

ただ、逆に学校で習っていないことを勉強したくないお子さんには向かないかもしれません。

— 幼児—

「もじ」「かず」「たいけん」「ちえ(年中長)」のきっかけから学ぶことの楽しさを生活の中で体験し積み重ねていくことができます。

「もじ」「かず」では子どもの身の回りでのまなびを大切に、子どもが自ら「わかった」「できた」をたくさん体験することで、小学校入学に向けた力を自然につけていきます。

疑問は「図鑑」と連動したページで解決したり、複数ある答えや考え方のあるパズルにチャレンジすることで、自ら進んで深くまなぶ力を育んでいきます。

これからの“まなび”には、用意された選択肢から正解を選ぶだけでなく、

自ら試行錯誤して答えを導きだし、

それを人にわかるように説明することが求められます。

「まなびwith」の教材には、「思考の達人ツール」など、思考力を育てる問題が充実しています。

小学生・幼児」無料教材セット&資料請求⇓
宿題を溜めがちなお子様にぴったり!ナゾトキ学習で楽しく学ぶ【まなびwith】

論理的に考える力を養う「論理的に考える力を引き出す」三森ゆりか著

2020年教育改革では、総合だけでなくすべての教科で論理的に考える力を育むためのプログラミング的思考を取り入れた授業がされることになります。

算数や国語や総合だけでなく、体育や音楽でもプログラミング的思考を取り入れた授業がされる予定です。

そのためにはまず基本となる論理的に考える力をつけることが大切になりますから、私はこの本をおススメします。

「論理的に考える力を引き出す」三森ゆりか著

この本は親向けの本です。

子どもに論理的な思考力を身に着けさせるために親がどのように行動すればよいのかを具体的に書いてくれています。

つまりわが子に論理的思考を身に着けさせるための方法が書かれています。

目次です。↓

 

これからの子どもはディベートなど、子どもたちが主体的に能動的に参加する授業が今より増えることが予想されているそうです。

この本にはディベートの力を養う方法も書かれています。

※ディベートとは「ある特定のテーマに対して、2グループの話し手が、賛成・反対の立場に別れて、第三者を説得する形で根拠を示して議論を行うこと」

私は論理的思考って何だろうと思って、上の子が中学生のときに購入したのがこの本なんです。

この本を読んで、子どもに論理的思考を養うためには私たち親が論理的に話す力を身につけなければならないと思いました。

例えばお店でケーキを注文するときに、まず何個買うかを伝えるとこの本には書かれています。

その部分を読んでなるほど!と思いました。

そうするとお店の方が箱を選びやすくなるから。

何かを説明するときも、結論から伝えるなど、仕事上では必要となる話し方ですが、普段はあまり意識していません。

特に女性は論理的に話すということをしないので、こういう本を読んでその方法を身に着けるのは必要なことだなと思います。

論理的に考える力を引き出す 親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニン [ 三森ゆりか ]

created by Rinker
¥1,620 (2019/03/22 09:00:40時点 楽天市場調べ-詳細)

子供向けにはこの本⇓

子どものための論理トレーニング・プリント 徹底つみ上げ式 [ 三森ゆりか ]

created by Rinker
¥1,512 (2019/03/22 09:00:40時点 楽天市場調べ-詳細)

具体的な実践にはこちら⇓

イラスト版ロジカル・コミュニケーション 子どもとマスターする50の考える技術・話す技術 [ つくば言語技術教育研究所 ]

created by Rinker
¥1,728 (2019/03/22 09:00:40時点 楽天市場調べ-詳細)

これからの子どもたちは「まだ存在しない仕事」につく可能性が高いと言われています。

私たち親は、どうしても自分がされてきたように子どもを育てようとしてしまいます。

でもこれからの子どもたちが大人になったとき、私たちが想像もできないような社会で生活しているのだとしたら、

私たち親はできる範囲でできるだけのことをしてあげるしかないのだなと思います。

2020年の教育改革のその先の子どもたちの未来を見据えて今行動すること、それが未来を生きていく子どもに必要な力をつけてあげることになるのかなと私は思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com